photo 京都市立芸術大学対策

京都芸大は5つある国公立の芸大・美大の中で神戸から一番近い大学です。当研究室から受験する生徒数が一番多い公立大でもあり、対策に力を入れています。
松尾美術研究室  
photo

 入試の特徴
  1. 3課題の受験生共通実技
  2. すべての科に共通する造形の基礎力を問う
  3. 実技点数に上下の開きが大きく、合格最低点(ボーダーライン)が6割弱と低い
  4. すべてに高得点を取らなくても合格できる
 対策
  1. センター試験
  2. 描写
  3. 色彩
  4. 立体
  5. 小論文



入試の特徴

1.3課題の受験生共通実技
京都市立芸術大学入試の最大の特徴は、他の芸大と違って科ごとの試験がなく、総合芸術学科をのぞく美術科、デザイン科、工芸科の志望者全員が同じ実技試験を受けることです。1日目が「描写4時間」と「色彩3時間」(総合芸術学科は描写4時間+小論文2時間)、2日目が「立体3時間」となります。日本画や油画などの志望者にも立体が課せられたり、彫刻志望者に色彩が課せられたりするという意味で負担が多いのですが、2012年度入試まで3日間4課題だったことを考えると、2日間3課題の現在は以前よりも対応しやすくなっています。それぞれ250点満点で実技合計750点、これにセンター試験(美術・工芸500点、デザイン700点)が加算されて合否が決まります。総合芸術学科は、描写250点+小論文200点の450点にセンター4教科600点が加算されます。

2.すべての科に共通する造形の基礎力を問う
他の大学では科ごとの実技試験なので、例えばグラフィックデザイン科は発想を重視する、とか、彫刻科は力強いデッサンを要求する、とか、それぞれの専門性を入試に盛り込みます。京都芸大では各科ごとの専門試験がないかわりに、すべての科に共通する「造形の基礎力」を問います。

3.実技点数に上下の開きが大きく、合格最低点(ボーダーライン)が6割弱と低い
実技点数の採点では、上下の開きが大きくなっています。年々その差は激しくなり、良い作品には満点やそれに近い点数が出ている一方で、250点満点の40点台(100点満点に換算すると20点前後)という、他の大学では考えられない低い点数を付けられるケースも出てきました。ただ、すべての実技、学科で高得点を取る受験生はまれですから、センターも含めた最終合否のボーダーライン(合格最低点)は得点率60パーセント弱という他大学にない低い数値となっているのが特徴です。

4.すべてに高得点を取らなくても合格できる
センター試験、描写、色彩、立体の4種類のうちの2種類で高得点を取った人は、他の2種類が低い点数(3〜5割)でも合格しています。また、高得点は取れなくても4種類とも6割前後の点数を取って合格している人もいます。すべてに高得点を取らなくても合格できる大学です。ここで言う高得点とは8割以上の点数、実技では200点近くからそれ以上を言います。しかし、6割の150点前後でも京都芸大では合格に貢献する良い点数なのです。
8割以上の高得点を2つ以上取ること。あるいは高得点でなくても6割をキープすること。これが合格の目標点数です


対策

実技採点の上下の開きが年々エスカレートしていること、09年からのセンター科目増加を考えると、センターである程度点数が取れている方が合格しやすい状況です。3種類の実技をそれぞれしっかり練習していく必要がありますが、その上で、出題の意図を汲み取って取り組んだ作品が高得点を取っています。各自の得意な分野をしっかり伸ばした上で、積極的かつ柔軟に問題に取り組む姿勢が望まれます。

1.センター試験
美術科・工芸科は4教科、デザイン科は数学必須の5教科、総合芸術学科は4教科になります。実技との比率は、美術科・工芸科が実技750点:センター500点で実技重視、デザイン科が実技750点:センター700点とほぼ半々、総合芸術学科は実技小論文450点:センター600点とセンター重視になっています。総合芸術学科とデザイン科ではセンター試験対策が特に重要になっています。
ただその一方で、センター試験が4割しか取れなくても合格しているケースがあるように、実技で高得点を取れば挽回できる大学です。センターの点数が低くてもあきらめてはいけません。しかし、あまりに低いと実技で1つの取りこぼしもできない、きびしい状況になります。6.5割以上の得点をめざしておきたいものです。8割以上取って実技練習も継続して行っていると、かなり合格に近づきます。


2.描写
かつては木炭紙大画用紙で大きなモチーフを描く出題もありましたが、現行の4時間になってからは、四つ切り画用紙による卓上鉛筆デッサンが出題されています。日本画から発展した大学ということもあり、精密描写が要求されます。時間内に細部まで丁寧に描き込む力をつけましょう。荒いデッサンや堅いデッサンは嫌われます。
 色の白っぽいもの、モチーフ自体に存在感の薄いもの、それでいて細かく描くところの多いもの、かっちりした形態よりは不定形やひずんだかたちのものがよく出題されます。透明なビニール袋、紙類、アルミ質のような光を反射するもの、また、リンゴ、レモンなどの丸い果物もよく出題されます。紙コップ50個が出題されたり、紙、タオルなどかたちの変えられるものが絡むことも多く、構成力も問われます。白いものはちゃんと白く表現しながらも立体感を出すこと、微妙なトーンのあり方を正確に観察すること、そのためにモチーフの関係性を最初から意識して立ち上げていく描き方を身につけることが必須です。細かな細部が多いモチーフ(人工芝、モップ替糸、かごと豆絞り、など)もよく出題されますが、積極的に構成してを描き切ることができれば高得点も期待できます。
デッサン
(2018年度入試再現作品 248/250点)


3.色彩
それまで出題されていた着彩が2013年度からなくなり、色彩3時間の課題です。美術、デザイン、工芸の共通課題という理由もあり、幅広い形式で出題されています。
色彩では、造形的な基礎である「きれいな色の組み合わせ」と「構成力」を身につけた上で、出題の意図に沿いながら表現を明解に打ち出すことが問われます。以前は簡単な言葉がテーマとして与えられる自由な課題が多かったのですが、近年は構成条件に円('10年)や直線('11年)が与えられたり、直交する水平・垂直の直線のみによる分割で1面1色で塗る('12年)というきわめて基礎的な条件でも出題されています。また、白黒の紙や銀紙を貼り、絵の具と併用でテーマを表現する課題('13年、'17年、'18年)やモチーフ構成をする課題('15年、 '16年 )が出たり、過去には色紙を作って貼る課題('96)や絵の具を3色に限定する課題('06)も出ています。幾何形態による構成や明度設計などの基礎力を身につけた上で、様々な出題形式やテーマに柔軟に対応できるようにする必要があります。 テーマや条件を考慮せずに自分の得意な表現を無理に当てはめても評価されません。
色彩
(2017度入試再現作品 220/250点)


4.立体
紙を素材にした出題が多いのですが、スチレンボード、木の角材、竹ひご、針金、アルミ板、粘土、タコ糸、スポンジ、など他の素材や複合素材で出題されることもあります。与えられた空間を十分に生かした構成力を身につけ、造形の意図をはっきりさせることが求められます。シンプルな造形で空間を成立さることができれば高い評価が得られます。抽象化しながらも単純すぎない、よく練られた形態や組み合わせを出せるように練習します。統一感がなかったり欲張っていろいろ付け足してしまうと意図が見えにくくなり、装飾的な評価の低い作品になってしまいます。素材としてとして紙コップやストッキング、割り箸、ストローなど既成の製品が与えられることもあります。また、実物のリンゴ('02)や傾斜した台座('15)、小さな人形の視点('16)のように造形の素材以外に何か与えられた場合はそれがテーマとなりますので、与えられたものの性質を生かした造形で発想しなければいけません。’12年度は粘土によるピーマンの写実的な模刻という出題が出たので、粘土の模刻対策にもある程度時間を裂く必要があります。
立体
(2016年度入試再現作品 226/250点)


5.小論文
小論文では、芸術や文化に関する課題文が出題されます。その要約をする設問、次に文章中の言葉の意味などを問う設問、そして、関連したテーマに対する意見を問う設問、というように、3問出題されるのがベーシックな形式ですが、年度によっては2問の時もあり、’18年度は、文中に挿入する挿絵を描く出題と図版による鑑賞問題、というそれまでにない形式で出題されました。
課題文には、西洋美術から日本美術、現代美術まで幅広い地域、時代に関する芸術論や文化論、エッセイが出題されているだけでなく、寺田寅彦や中谷宇吉郎といった科学者の文章も出題されています。幅広く文化芸術や自然科学に興味を持つことが大切であり、こうした文章に日頃から読みなれておく必要があります。文章の本質的な内容をつかみ、短く選ばれた言葉で他者に伝える能力が求められるので、例えば読んだ本の1章を選ぶなどして300字〜400字にまとめる練習をしておくと良いでしょう。また、挿絵を描かせる出題については「情景をイメージしながら文章を読めているか」という意図があったということなので、文章の内容によっては生き生きとしたイメージを伴いながら読むようにすることも大切です。
受験生の意見が問われる設問では、あくまでも出題文を踏まえた上での意見が問われています。具体的な経験を伴った言葉は説得力を持つので、日頃から美術だけでなく音楽、映画、舞台、ドラマ、漫画など芸術一般やサブカルチャーに接して感じたこと、考えたこと、疑問に思ったことを言語化しておくことが大切です。その意味では日記という形で感じたことを書き留め、そこから考えを広めていく習慣を付けておくと良いでしょう。

松尾美術研究室ホームページへ